「hmPerl.xml」による使用するインタプリタの指定

概要

普段利用しているPerlが64bit版などですと、
hmPerlで利用する「PerlにPATHを通す」という運営が難しい場合もあるでしょう。

PATHを通すのではなく、使用するPerlを指定する

以下のような内容のXMLファイルを、ファイル名「hmPerl.xml」
文字コード(utf8)でhmPerl.dllと同じフォルダに保存することで、
PATHを通さずとも、直接利用するPerlを指定することが出来ます。

value="***" の部分をご自身が利用したい「PerlEz.dll」のフルパスにしてください。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <configuration>
      <appSettings>
        <add key="PERLEZ_PATH" value="C:\usr\perl5.24_x86\bin\PerlEz.dll"/>
      </appSettings>
    </configuration>