NGenのススメ ~読み込み実行の高速化~

概要

hmEdgeJS.dllはモジュールとして「hmEdgeJS.dll」と「EdgeJS.dll」が中間アセンブリとなっています。
最初に自動的に、中間言語をCPUが実行出来るネイティブイメージに変換するため、
スクリプトを実行しはじめるまでに、結構時間がかかります。

実際に、hmEdgeJS.dllを利用したマクロを実行すると、
待ち時間を体感出来るハズです。

同じスクリプトを2回目以降実行する分には、この時間は大幅に短縮されます。

NGenを利用し、待ち時間を大幅短縮

NGen(ネイティブ イメージ ジェネレーター)を利用することで、hmEdgeJSの この最初の待ち時間を大幅にカットすることが出来ます。

  • 「管理者権限」でプロンプトを実行

    管理者権限でプロンプトを実行します。管理者権限であることが必須です。

  • .NET Frameworkのフォルダへと移動

    cd C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319
    
    もしも、x86版のhmEdgeJS.dllではなく、x64版のhmEdgeJS.dllを利用している人は、
    cd C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319
    
    といったように、64版のFrameworkディレクトリへと移動してください
  • hmEdgeJS.dllとEdgeJS.dllのネイティブイメージを作成

    以下のように「ngen install」のコマンドを利用して、ネイティブイメージを作成してください。 「C:\usr\hidemaru\hmEdgeJS.dll」の部分は、実際のあなたの秀丸のディレクトリやhmEdgeJS.dllの位置に合わせてください。

    ngen install "C:\usr\hidemaru\EdgeJS.dll"
    ngen install "C:\usr\hidemaru\hmEdgeJS.dll"