秀丸エディタ・HmPandocPreviewChrome

概要

秀丸上で編集中のテキストファイルを、

  • Github の拡張Markdown
  • Mathjaxが使える拡張Markdown
  • Katexが使える拡張Markdown

として解釈し、

Pandocで変換した上で、Chrome上で表示するための秀丸用プラグインです。
ファイルを保存したタイミングで自動的にChrome上の表示も更新表示するためのプラグインとなります。

  • GitHub Flavored Markdown (GFM)

    GithubのMarkdownを記述しながらプレビューするのに適しているモード

    PICTURE

  • Pandoc Markdown + [MathJax もしくは Katex]

    数学式の記述に力を入れるケースでのマークダウンとなります。
    cssはGitHub Flavored Markdown (GFM)風を採用しているので、
    数学式を再現しつつ、見た目のデザインはGithub風というものとなります。

    PICTURE

Pandocとは

HmPandocPreviewChromeのダウンロード

動作環境

  • 秀丸

    秀丸エディタ ver8.66以上

  • Pandoc本体

    Pandocがインストールされている必要があります。
    上述の「pandoc-[**バージョン**]-windows.msi」でインストールするとパスにpandocフォルダが自動で追加されます。
    msiではなく、zipファイルで手動で行う場合、該当のpandocディレクトリにパスを通してください。
    インストールした後、「すべての秀丸を終了」し、「秀丸を改めて起動」してください。
    (pandocにパスが通ったことを秀丸へと反映させるためです)

  • Chromeブラウザ

    Chrome ver54以上
    (Chromeが32bitか64bitかは動作に影響しません。)

  • hm.NET v1.101以上

    hm.NETの導入が必要となります。

インストール

  • HmPandocPreviewChrome.zipをダウンロードする。
  • .zipファイルをブロック解除(or 許可する)する
    (本ソフトには.exeが含まれていますので、原則的にはブロック解除(or 許可する)をする必要があります)

    PICTURE

  • 普段秀丸のマクロを置いているような適当なディレクトリに、
    ・HmPandocPreviewChrome.dll
    ・HmPandocGFMPreviewChrome.mac
    ・HmPandocMathJaxPreviewChrome.mac
    ・HmPandocKatexPreviewChrome.mac
    ・HmPandocPreviewChrome.css
    ・WebDriver.dll
    ・chromedriver.exe
    の7つをコピー。
  • 適当に「HmPandocGFMPreviewChrome.mac」「HmPandocMathJaxPreviewChrome」「HmPandocKatexPreviewChrome」のうち利用するものをマクロ登録。
  • 通常は該当マクロにショートカットキーを割り当てが方が良いと思います。

利用の手引き

左メニューより、

を参照してください。

動作原理

  • .NET FrameworkのWebDriver経由でChromeを制御しています。
  • 秀丸で保存したタイミングで、対象のファイルを、指定のMarkdown解釈(Github or Mathjax)に合わせて、一時ファイルの.htmlを作成します。
  • 一時ファイルの.htmlが更新されると、Chromeが該当のページをリフレッシュするようになっています。
  • 対象のファイルをリネームすることでフルパスが変更になった際には、Chromeで表示するべきURLを変更するようになっています。

ライセンス

  • HmPandocPreviewChrome

    HmPandocPreviewChromeは、Apache License 2.0となります。

  • Selenium WebDriverについて

    Selenium WebDriverは、Apache License 2.0となります。
    詳細は、Selenium WebDriver Github等を参照してください。

  • Selenium WebDriver ChromeDriverについて

    Selenium WebDriver ChromeDriverはパブリックドメイン(Unlicense)となります。

  • ソースの場所

    Githubにソースがあります。

    (※ Githubでリポジトリの「サブディレクトリ」だけをダウンロードする簡単な方法は、こちら)