Google Apps Script に無料の翻訳APIを作成

  • 概要

    Gmailなり、Googleカレンダーなり、
    とくかく、Googleのアカウントさえあなたが所持していれば、

    Google Apps Script を利用することができ、自分で翻訳APIを作ることが出来ます。
    (Google Apps Script は原則無料で使えます。クレジットカードの登録は必要なし)

    そして、Google Apps Script には、LanguageApp というクラスが存在し、
    これがまさに翻訳機能そのものなのです。

    なにはともあれやってみましょう。
    Googleの機能を拝借したWeb API を、
    いとも簡単に自作できることがわかります。

  • GAS(Google Apps Script)へのアクセス

    Google アカウントにログインした状態で、
    https://script.google.com にアクセスし、
    「+ 新規スクリプト」 を選択します。
    GAS エディタが立ち上がります。

    初めてのアクセスの場合、次のような画面になるかもしれません。
    Start Scripting で開始です。

  • JavaScriptを張り付ける

    GAS プロジェクトに適当に名前をつけて、以下のJavaScriptを張り付けましょう。

    // Getメソッド用
    function doGet(e) {
        var p = e.parameter;
        var translatedText = LanguageApp.translate(p.text, p.source, p.target);
        return ContentService.createTextOutput(translatedText);
    }
    
    // Postメソッド用
    function doPost(e) {
        var p = JSON.parse(e.postData.getDataAsString());
        var translatedText = LanguageApp.translate(p.text, p.source, p.target);
    
        var output = ContentService.createTextOutput();
        output.setMimeType(ContentService.MimeType.JSON);
        output.setContent(JSON.stringify({ result: translatedText }));
    
        return output;
    }
    
  • APIを公開

    メニューから以下のように公開します。

    • 「公開 → ウェブアプリケーションとして導入」 を選択。

    • 新規作成 のところにバージョン番号(今回は初めてのバージョンなので 1 )を設定。

    • 以下のように設定しましょう。
      「全員」に公開するのではなく、
      「自分だけ」利用可能にすることもできます。
      「自分だけ」といったように絞った場合、
      Googleアカウントにログインしていることが必須となります。

  • 公開URLをコピーしておく

    以下のような画面になりますので、URLを控えておきましょう。

  • Getでのアクセスを確認してみる

    さきほど控えたURLで以下のようにアクセスしてみましょう。

    • こんにちわ という日本語 を 英語 に翻訳

      https://script.google.com/macros/s/****(控えた内容)******/exec?text=こんにちわ&source=ja&target=en

    • こんにちわ という言葉を言語を自動的に推測して 英語 に翻訳

      sourceの部分を空でしていしておくことで自動判断できます。

      https://script.google.com/macros/s/****(控えた内容)******/exec?text=こんにちわ&source=&target=en