Hm.NetCOMの使い方

T4テンプレート変換で、csファイルを生成

PICTURE

「HmNetCOM.tt」を Visual Studio のメニューより、
「ビルド」⇒「すべてのT4テンプレートの変換」で変換します。
「HmNetCOM.cs」ファイルが完成します。

PICTURE

あなたのプロジェクトで利用する

PICTURE

この「HmNetCOM.cs」ファイルをあなたのプロジェクトで利用します。

「HmNetCOM.cs」を生成する際に、「dllと1対1で紐付けるべきGUID」が生成されます。
このため、異なる.dllファイル(=新たなC#プロジェクト)に対して、HmNetCOMを利用する度に、
「HmNetCOM.cs」この「すべてのT4テンプレートの変換」を実行
してください。

「HmNetCOM.cs」を異なる.dllへと流用してはいけません。
dllの実体が異なるのに、同じGUIDを持つ複数のクラスが生まれてしまうためです。

新しいC#プロジェクトの度に、必ず「すべてのT4テンプレートの変換」を改めて実行し、
生成された「HmNetCom.cs」を使用する。

既存の「HmNetCOM.cs」を別プロジェクトにコピペしないこと。

を厳守してください。

using HmNetCOM;

必須ではありませんが、「using HmNetCOM」として名前空間を using するのが一般的な使用方法となるかと思います。

MyTest.cs
using System;
using System.Diagnostics;
using System.Reflection;
using System.Runtime.InteropServices;
using HmNetCOM;