秀丸マクロ.net

入門編 ~秀丸でマウスの下に対応する位置のカーソル計算上の位置~

  • 概要

    hm.NETでは秀丸で編集領域Kのマウスの下に対応する位置にあるカーソル計算上での位置を取得することが出来ます。

  • 秀丸で編集領域のマウスの下に対応する位置にあるカーソル計算上での位置を取得することが出来ます。

    マクロ中でもマクロ中以外でも、常時取得することが出来ます。

    Hm.Edit.MousePos
    • C#側のソース

      MyTestForm.cs
      using System;
      using System.Windows.Forms;
      using Hidemaru;
      
      namespace HmTest
      {
          partial class HmTestForm
          {
              protected void MethodCreate()
              {
                  System.Diagnostics.Trace.WriteLine("フォーム生成時");
      
              }
              protected void MethodTick()
              {
                  // 読取は基本的にはいつでも可能
                  var pos = Hm.Edit.MousePos;
      
                  System.Diagnostics.Trace.WriteLine($"lineno:{ pos.LineNo}, column:{pos.Column}, x:{pos.X}, y:{pos.Y}");
                  System.Diagnostics.Trace.WriteLine("チック時");
              }
              protected void MethodDestroy()
              {
                  System.Diagnostics.Trace.WriteLine("フォームクローズ時");
              }
          }
      
      }
      
      
    • 秀丸マクロ側のソース

      前章の「HmNETTest.mac」と同一です。
      一度マクロを実行し、「デバッグモニター」にどのように順次表示されるか確認しましょう。