HmV8PunyCode (日本語ドメイン⇔Punycode)

  • 概要

    このプログラムは、文字列をなんらかのURLとみなして

    • 日本語ドメインなら→Punycodeへと変換
    • Punycodeなら日本語ドメインへと変換

    と双方向に変換出来ます。

  • ダウンロード

    DOWNLOAD ⇒ HmV8PunyCode.zipファイル。ver 1.01
    └更新日 2017/02/20
  • インストール

    • 普段秀丸のマクロを置いているような適当なディレクトリに、
      ・HmV8PunyCode.mac
      ・HmV8PunyCode.js
      の2つをコピー。
    • 適当にHmV8PunyCode.macのマクロを登録。
  • 利用の手引き

    適当にURLっぽい文字列を選択してマクロを実行するだけです。
    対象が「Punycode」っぽければ、「日本語ドメイン」への復元を試みます、
    それ以外の場合は、「Punycode」化を試みます。

  • ライセンス

    • HmV8PunyCode.mac

      HmV8PunyCode.macは、パブリックドメインとなります。

    • HmV8PunyCode.js

      HmV8PunyCodeは、「Punycode.js」のソースコードをリネームし、最後の一行だけコメントアウトしたものとなります。
      Punycodeは、MIT License となります。
      Copyright Mathias Bynens <https://mathiasbynens.be/>
      詳細は、https://github.com/bestiejs/punycode.js/を参照してください。

  • 備考

    日本語ドメイン⇔Punycode変換の全くの別手法としては、
    HmPunyConverterを参照してください。