WinAssemblyToTypeScriptDeclare 更新履歴

  • 2017/06/24 ver. 1.3.7.1

    • 可変長引数の際の型が any だけになっている際は、適切ではないので、any[] とした。
    • 「GetGetEnumerator()」メソッドを持つ場合は、イテレータを実装しているものとして、
      「[Symbol.iterator](): IterableIterator 」も実装するようにした。
      ClearScriptの実装を考慮すると、該当クラスのインスタンスは、「for ... of」が使える可能性が極めて高いため。
  • 2017/06/23 ver. 1.3.5.1

    • カレントフォルダにアセンブリがあると、挙動に不具合が出るバグを修正
  • 2017/06/13 ver. 1.3.4.1

    • 可変長引数への対応。
  • 2017/06/08 ver. 1.3.3.1

    • readonlyの対応。
  • 2017/06/07 ver. 1.3.2.1

    • 速度アップ
  • 2017/06/03 ver. 1.3.1.1

    • 再帰処理になっていて、スタックが多く積み上げられてしまう恐れがあった部分を通常のループ処理に変更。
  • 2017/06/02 ver. 1.3.0.1

    • 複数のクラスを出力ターゲットとすることに対応
    • ClearScript用のconnectやdisconnectによるイベントハンドラ用のデリゲートの型情報に対応
  • 2017/06/01 ver. 1.2.0.1

    • 初公開。コンセプトモデル。