秀丸エディタ・HmHtmlPreview 「Liveモード」と「Fileモード」

  • Liveモード:HmHtmlPreview.mac

    HmHtmlPreview.macからマクロを起動すると、Liveモードとなります。

    このモードは簡易なHTMLを手軽に編集するのに向いています。

    Liveモードの特徴は、秀丸エディタ上の文字列を編集した際に、
    ビューワーに1秒以内に反映されることです。
    一般的には、このようなものは「ライブビュー」などと称されています。

    原則的にはこのモードでは「文字化け」することがありません。

    一方で、このモードの最大の弱点は、「今編集中のテキストを本当の意味で保持しているファイル」が存在しないため、
    ブラウザは「完全には正しく分析出来ない」ことです。
    特に、他のファイルとの相対URLを正しく分析しきれないことがあります。

    例えば、「リンク」「画像」など、相対URLで記述されていると、
    ごくまれに正しく分析できないことがあります。

  • Fileモード:HmHtmlPreviewFileMode.mac

    HmHtmlPreviewFileMode.macからマクロを起動すると、Fileモードとなります。

    このモードは簡単なHTML~複雑なHTMLまで比較的万能向けとなっています。

    このモードは対象のファイルを「保存」した時だけ、HTML描画が更新されます
    対象のHTMLファイルを、IEへとドラッグ&ドロップした時と 原則同じ結果を表示します。
    (よって、対象のファイルはIEで表示が可能な拡張子である必要性があります)

    このモードでは本来のブラウザがそうであるように、charsetが不適切だと「文字化け」が発生します。
    そのような場合には、例えば該当のファイルがutf8なのであれば、
    テキスト中のどこかに、下記のようにcharsetを指定してください。

    <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">
    

    もしくは、ファイルを「BOM付き」で保存することでも、文字化けを解消することが出来ます。