hmPyの基礎中の基礎のAPI

概要

秀丸マクロから呼び出すhmPyの関数(API)は多くありません。

ほとんどの場合は、「DoString」だけを使うこととなるでしょう。

Pythonファイルを別ファイルにした場合には、「DoFile」を使うことになるハズです。

  • 命令の実行:
     └ DoString(szexpression)

    文字列「szexpression」をIronPythonの命令として実行します。

    何らかの明確な内部エラーがあった場合は0が、とりあえず実行できた場合は1が返ってきます。

    • 1つのマクロ内で「DoString」は複数回実行可能、変数空間も同じ
      #PY = loaddll( hidemarudir + @"\hmPy.dll" );
      
      #_ = dllfuncw( #PY, "DoString", R"PY(
      
      aaa = "あいうお";
      
      def mysum(a, b):
        return a + b
      
      )PY"
      );
      
      
      #bbb = 123;
      
      #_ = dllfuncw( #PY, "DoString", R"PY(
      
      bbb = hm.Macro.Var['#bbb']
      ccc = aaa + "続いている" # 別のDoStringでも、aaa は引き続き利用できる。
      
      hm.Macro.Var['$ddd'] = ccc;
      
      hm.debuginfo( mysum(1,2) ); # 別のDoStringで定義した関数も当然利用できる。
      
      )PY"
      );
      
      message($ddd);
      
      freedll( #PY );
      



  • 命令の実行:
     └ DoFile(filename)

    ファイル名「filename」内の記述内容全体をDoString(...)の引数に渡したものとして実行します。

    何らかの明確な内部エラーがあった場合は0が、とりあえず実行できた場合は1が返ってきます。

    • 1つのマクロ内で「DoFile」は複数回実行可能、変数空間も同じ

      繰り返しになりますが、DoFileとは、「該当のファイルの中身をそのままDoStringに渡す」ということですので、
      複数子のファイルを利用することが可能です。
      この際は、変数名の衝突などに注意してください。



  • .pyファイルの文字コードの変更など:
     └ SetCodePage(codepage)

    「.py」ファイルは、「cp932(≒sjis)」「utf8(BOM有)」「utf16(BOM有)」のいずれかが想定されています。
    それ以外で取り扱いたい場合、「SetCodePage」関数を利用してください。
    この関数は「読み込み対象のファイル」が、該当のコードで記述してある、 という指定となります。

    • 秀丸マクロ側の記述

      例えば、以下のようにすることで、

      • 読み込み対象の.pyファイルはutf8で記述してあるということになります。
      • 932:ShiftJIS(=cp932), 1200(utf16), 65001(utf8)となります。

      基本的にまともに取り扱うことが出来る文字コードには、必ず「コードページ」が割り振られているため、あらゆるものに対応できます。

      #PY = loaddll( hidemarudir + @"\hmPy.dll" );
      
      // 読み込み対象のファイルである「.pyファイル」は指定のコードページで書かれてます(65001=UTF8)ですよ、という指定
      #_ = dllfuncw(#PY, "SetCodePage", 65001 );
      
      #_ = dllfuncw(#PY, "DoFile", currentmacrodirectory + @"\test.py" );
      
      freedll(#PY);
      
    • IronPython側の記述
      test.py
      hm.debuginfo("テストテスト");