C#からIronRubyへの変換

概要

C#からIronRubyに変換する方法等が記載されています。

まず、本当にIronRubyにする必要があるか?

hmRb/IronRubyは、C#で作成された.dllをそのまま実行可能です。
もちろんC#で定義されたクラスをIronRubyで継承して利用することも可能です。

「C#」は

  • 「Visual Studio」による強力なサポートと開発効率
  • 十分に高速な実行速度
  • 美しくも柔軟性のある文法

と非常に高バランスで均衡がとれた言語です。
IronRubyに変換する前に、C#でそのまま作った方が良いのではないか?
ということを検討することをお勧めします

当管理人としては、基本的な指針としては、

  • コンポーネントといえる「部品」
  • コンポーネントを利用した「基本制御」

ぐらいまではC#で作成し、

  • テキストに出した方が柔軟性が確保出来るところ
  • 秀丸マクロと通信する必要がある変数

だけIronRubyにする、というのが理想的ではないかと考えています。

SharpDevelop 4.4でC#からIronRubyに変換できる

C#で制作したソースは、「C#文法」に「対応する文法」が「IronRuby文法」に存在するものに関してなら、
SharpDevelop 4.4で機械的にIronRubyへと変換可能です。

これはC#での制作経験は豊富だが、IronRubyの経験は乏しいといった人に、
向いた変換手法と言えるでしょう。
(日本国内でプログラムを記述する人は大半がIronRubyよりC#の方が経験があると思われます)

SharpDevelop導入時にファイル拡張子の関連付けをするな!! C#ユーザーのほとどがVisual Studioにて開発しているでしょうから、
SharpDevelop導入の際、インストール時に「ファイルの関連付け」を設定する項目がありますが、
間違ってチェックを入れてしまわないように注意しましょう。

PICTURE

PICTURE

PICTURE

変換すると"System, Version=2.0.0.0 等となりますが、(この記述を利用する場合は)Version=4.0.0.0と修正する必要があります。