hmLJの基本思想

概要

hmLJ・LuaJITの方針は単純明快であり、下記の3点に集約されます。

  • 命令の実行

    秀丸マクロは、LuaJITの命令コードを「文字列ベースで」実行することが出来る。

  • 値の設定

    秀丸マクロからLuaJITの「値を設定」することが出来る。

  • 値の取得

    LuaJITの値を秀丸マクロは「引き出す」ことが出来る。

hmLJの実装思想

以下はhmLJの実装思想となります。

全て「インプロセス」となりますので、原則は逐次順次実行となります。
(luaには、coroutineという並列スレッドに相当する機能があるため、スレッドも簡単に記述可能です)

インプロセス
PICTURE