秀丸エディタ・ストアアプリ版でのhmPython3の使用方法

  • hmPython3は元来は秀丸本体となるhidemaru.exeと同じ場所(同じディレクトリ)にインストールすべきなのですが、
    ストアアプリ版ではそれが不可能となっています。

    hmPythonそのもののインストール先にPATHを通ることが許されるなら、
    実は、hmPythonをスキなディレクトリへと配置し、動作するように出来ます。

  • インストール先は 「macrodir」にする

    ストアアプリ版の場合、
    「C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro」がマクロディレクトリ直下となりますので、
    hmPython3をインストールする際に、このディレクトリへとインストールします。

  • PATHを通す

    環境変数 PATH へと以下のディレクトリを追加してください。
    「C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro」にパスを通してください。

    秀丸本体(hidemaru.exe)と同じ場所に置けないので、どのディレクトリからでも参照できる形にするためです。

  • hmPython3.xmlファイルの編集

    こちらのページを参考に、hmPython3.xmlファイルを編集してください。
    「C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro\HmPython3」を指すようにする必要があります。
    (%username%の部分は、具体的な文字列にする必要があります)

  • hmPython3.dllの読み込み先は、「macrodir」となる。

    #PY = loaddll( macrodir + @"\hmPython3.dll" );
    
    #_ = dllfuncw(#PY, "DoString", R"PY(
    
    hm.debuginfo("あーあーテストテスト2");
    
    )PY"
    );
    
    freedll(#PY);
    
  • この方法を応用すれば、自由なディレクトリにおける

    この方法は、macrodirに限定されるものではありません。
    PATHを通し、xmlファイルを編集しさえすれば、
    自由に配置ディレクトリを変更することが可能です。