HmTSIntellisense マウスポップアップヒント

  • HmTSHintPopup.mac

    HmTSIntellisenseでの「マウスの位置」のシンボルの
    捕捉情報をウィンドウ表示します。

  • 定義を解釈した捕捉情報が出る

    一瞬で様々なことを分析しながら、ウィンドウへと捕捉情報を出します。

    ファイルを編集したら、改めてマウスを該当箇所に充ててみてください。
    数秒以内には、結果が反映されることでしょう。

  • TypeScriptのコメント作法に沿っておくと…

    上の例でわかるように、「コメントの内容」が、
    関数にマウスを当てた時や、関数定義の引数にマウスを当てた時に表示されます。

    TypeScriptのドキュメントコメントの作法に従うことで、
    自動的にこのようなことが可能となっています。

    この作法は独特なものではなく、
    一般的なJavaScript系のコメント作法に通じるものでしょう。

  • 無名、*.ts、*.js に対して、HmTSHintPopup.macを手動で実行すると…

    以後、対象の内容は自動でマウスポップヒントモードとなります。
    「マクロ実行中」となるのは、ほんの一瞬だけであり、
    「以後はマクロ実行中ではない状態」でプログラムが裏で継続的に機能し続けます。

  • このマクロは手動ではなく、自動起動マクロで実行されることが想定されている

    拡張子が「.js」や「.ts」の度に、このポップアップマクロを手動で実行するのでは不便ですので、

    HmTSHintPopupLaunch.mac
    if ( event == 1 || event == 8 ) {
        execmacro hidemarudir + @"\HmTSIntelliSense\HmTSHintPopup.mac";
    }

    といったマクロを作成し、自動起動マクロの

    • ファイルを開いた時
    • アクティブ切り替え後

    の2つに登録しておくと良いでしょう。

    又、すでに該当部に自動起動マクロがあるのであれば、
    上のマクロ内容を参考に、既存のものを編集・追記してください。

    (※ 「hidemarudir + @"\HmTSIntelliSense\HmTSHintPopup.mac";」は、
    ご自身の実際のパスに合わせて書き換えてください。)