秀丸マクロの createobject 用の.NET6.xのdll作成方法

概要

.NET5の項目でも説明があるように、.NET5以降は仕組みが同じであるため、
.NET6、.NET7などでも作成方法は同じです。

ダウンロード

下記のファイルは、.NET6用にプロジェクト設定したもの。

更新日 2022/03/05
NET6COMServer.zip

NET6COMServer.zip を右クリックでプロパティで、「許可する(もしくはブロック解除する)」を適用してください。

動作環境

  • 秀丸

    秀丸エディタ ver8.97以上

  • Visual Studio 2022 以降

クラスへのGuid設定

Visual Studio のメニューより「ツール」→「Guidの作成」

PICTURE

このように新たなGUIDを作成して、classの1つ上の行へと貼り付けましょう。
秀丸マクロ側から直接名指しで呼び出したいクラス1つに対して1つの新たなGuidが必要です。
別のクラスにすでに割り当てているGuidを流用しないようにしてください。

クラスへのGuid設定

その他は.NET5と同様となります。