HmOpenVSCodeFromHidemaru

概要

このプログラムは秀丸で今開いているファイルをVSCodeで開くものです。

  • カーソル位置の再現

    秀丸でのカーソルの位置はVSCodeを開く際、再現されます。

  • リポジトリ位置基準で開く

    どれほど深いサブディレクトリであろうと関係なく、「そのファイルが所属しているリポジトリ」を基準として開きます

  • リポジトリに属していない場合、そのファイルのフォルダ基準で開く

    もしもリポジトリに所属していないファイルの場合は単純にそのファイルがあるディレクトリを基準として開きます

秀丸には備わっていないGitリポジトリ系の機能を、VSCodeで代用しやすくなるところがこのプログラムのメリットとなります。

ダウンロード

ダウンロードした後、zipを「ブロック解除(or 許可する)」

zipを解凍する際には、「ブロック解除(or 許可する)」してください。
もしくは、zipを解凍した後に、それぞれのファイルに対して「ブロック解除(or 許可する)」してください。

PICTURE

動作環境

  • 秀丸

    秀丸エディタ ver8.66以上

  • hm.NET v1.101以上

    hm.NETの導入が必要となります。

  • Visual Studio Code

    Visual Studio Codeを起動するためのプログラムですのでVisual Studio Codeがインストールされている必要があります。

  • Git

    Git for windowsなど、Visual Studio Codeが利用するgitコマンドがインストールされており、パスが通っていることを推奨。
    (インストールしていない、もしくは、パスが通っていない場合、Gitリポジトリは利用していないでしょうから、本プログラムもGit関係は機能しません)

インストール

  • HmOpenVSCodeFromHidemaru.zipをダウンロードする。
  • 普段秀丸のマクロを置いているような適当なディレクトリに、
    ・HmOpenVSCodeFromHidemaru.mac
    ・HmOpenVSCodeFromHidemaru.dll
    の2つをコピー。

動作確認

  • 適当に「Git」リポジトリ下にあるファイルを秀丸を開いて、適当に編集して保存

    PICTURE

    PICTURE

  • HmOpenVSCodeFromHidemaru.macを実行

    PICTURE

  • リポジトリを基準として開いてくれる

    繰り返しの説明となりますが、

    • カーソル位置の再現

      秀丸でのカーソルの位置はVSCodeを開く際、再現されます。
      (※もしもカーソルの位置が秀丸の画面外にある場合は、今秀丸エディタで見えている位置付近を基準とします)

    • リポジトリ位置基準で開く

      どれほど深いサブディレクトリであろうと関係なく、「そのファイルが所属しているリポジトリ」を基準として開きます

    • リポジトリに属していない場合、そのファイルのフォルダ基準で開く

      もしもリポジトリに所属していないファイルの場合は単純にそのファイルがあるディレクトリを基準として開きます

    このように秀丸には備わっていないGitリポジトリ系の機能を、VSCodeで代用しやすくなるところがこのプログラムのメリットと言えるでしょう。

付属のHmOpenVSCodeFromHidemaru.dllのソース

GitHub上にソースがあります。

ライセンス

MITライセンスです。