HmJapanesePhoneticAnalyzer (日本語単語分割&ルビ振り処理)

概要

このプログラムは、漢字とひらがなの組み合わせである日本語の文字列を読み取り、
「分かち書き分割」や「ルビ振り」を「自動的に行う」ための秀丸マクロ・プラグインプログラムです。

PICTURE

PICTURE

PICTURE

PICTURE

ダウンロード

動作環境

  • 秀丸

    秀丸エディタ ver8.66以上

  • Windows 8.1以上

    Windows8.1やWindows10といった新しめのOSが必要です。
    Windows8.0も含めて、それ未満のバージョンのOSでは動作しません。

  • hmV8

    hmV8 1.4.7.5以上

インストール

  • HmJapanesePhoneticAnalyzer.zipをダウンロードする。
  • 普段秀丸のマクロを置いているような適当なディレクトリに、
    ・HmJapanesePhoneticAnalyzer.dll
    ・Windows.winmd
    ・HmJapanesePhoneticAnalyzer.mac
    の3つをコピー。
  • 適当にHmJapanesePhoneticAnalyzer.macのマクロを登録。

利用の手引き

  • 文字列を選択して実行

    ルビを振りたいテキスト文字列を選択して、マクロ(HmJapanesePhoneticAnalyzer.mac)を実行します。

    PICTURE

  • 自動で新規に「無題のタブ」が2つ出来上がる!

    • 横に(...)でルビ振り

      1つは「漢字の横に(...)でルビを振ったもの」

      PICTURE

    • HTMLを使ってルビ振り

      もう一つは「HTMLのrubyタグ等を使って、ルビを振ったものです。

      PICTURE

  • 管理されたデータ型でオブジェクトがやりとりされており、プログラム修正が容易

    刹那的にあてもなく解析し、処理が理解不能で「プログラミングデザインとしてグダグダ」な、
    よくある秀丸マクロとは異なります。
    データ分解やオブジェクト、インターフェイス・多態、などが最低限は整った状態での提供となるため、
    理解や改変が容易です。

備考

  • HTMLのルビ振りの目視で確認はHmHtmlPreviewがお勧め

    HTMLのルビ振りを目視でするのは、HmHtmlPreviewを利用すると便利です。

    PICTURE

  • HTMLのルビ振りの「HTMLエンコードをしない」場合

    HmJapanesePhoneticAnalyzer.macの一部を下記のように、追記すれば、HtmlEncodeするのを避けることが出来ます。

    HmJapanesePhoneticAnalyzer.mac
    HtmlEncode(src) {
    
        return src;
    
        let html = this._htmlencoder(src);
        html = html.replace(/\r\n/g, "\r")
            
  • 「区切れが無い長い文字列」の問題

    句読点や括弧や記号や改行などが一切存在しない、「区切れが無い長い文字列」を選択した状態だと変換出来ないことがあります。
    この場合は、文字列の選択文字数を減らしてください。
    (動作実験以外の目的で、そのような文字列のルビ振りが必要なシーンは、まずほとんど考えられないハズです)

    PICTURE

ライセンス

  • HmJapanesePhoneticAnalyzer

    HmJapanesePhoneticAnalyzerは、Apache License 2.0となります。

    ソースの場所

    • Githubにソースがあります。

      (※ Githubでリポジトリの「サブディレクトリ」だけをダウンロードする簡単な方法は、こちら)