最終更新日 2022-10-15

jsmode - hidemarucompat

概要

秀丸マクロにある「元々の」 loaddll や createobject やそれに付随する関数群を使えるようにするためのモジュールです。

PICTURE

ダウンロード


必要なファイルは hidemarucompat.jsだけ

ダウンロード先の中で必要なのはhidemarucompat.jsのみとなります。

hidemarucompat.js自体の配置場所を決める

hidemarucompat.js自体の理想的な配置場所は「マクロフォルダ」のサブフォルダ「jsmode_modules\hidemarucompat\hidemarucompat.js」というファイル位置となります。
(jsmode_modulesフォルダ、その下のhidemarucompatフォルダは新規作成する)

実際にはここ以外に配置してもかまいません。
その際は、適宜以降のページで出てくるexecjsの引数を変更してください。

location.mac
$location = macrodir + @"\jsmode_modules\hidemarucompat\hidemarucompat.js";
message($location);

execjs でも require でもどちらでも利用可能

execjsで使う利用方法
execjs macrodir + @"\jsmode_modules\hidemarucompat\hidemarucompat.js";
js {
    var dll = hidemaruCompat.loaddll(macrodir() + "\\mydll.dll");

    var com = hidemaruCompat.createobject(currentmacrodirectory() + "\\mydll.dll", "{xxxxxx}");
}
        
requireで使う利用方法 (require)
execjs macrodir + @"\jsmode_modules\require.js";
js {
    var hidemaruCompat = require("hidemarucompat");

    var dll = hidemaruCompat.loaddll(macrodir() + "\\mydll.dll");

    var com = hidemaruCompat.createobject(currentmacrodirectory() + "\\mydll.dll", "{xxxxxx}");
}
        

リポジトリ

Githubにソースがあります。