最終更新日 2024-06-07

秀丸エディタ・HmChatGPT

こちらは現在では「旧版」という扱いになっています。

秀丸エディタ v9.25以上の場合は HmOpenAiGptを推奨

秀丸エディタのモダンな機能を使用し、エディタとの統合性や使用感を高めており、
外部マクロから汎用的にも使える機能も有しています。
秀丸エディタ v9.25 以上の場合は、HmOpenAiGpt を利用してださい。

概要

本コンポーネントは、秀丸エディタを活用した OpenAI 経由でGPT 3.5 TurboGPT 4系の対話エンジンを利用するためのものです。

OpenAI 経由の ChatGPT は、無料ではありませんが
1,000トークンあたり0.002ドルという格安価格で利用することができます。(ChatGPT3.5 Turboの場合)
この価格設定は、通常の利用方法であれば、ChatGPT Plusの契約よりも安く抑えることが出来るでしょう。

料金がかかるため、「どの程度利用したらいくらになるか心配だ」と思われる方も多いでしょう。
そこで、OpenAIは、アカウントを作成してから3ヶ月間は、5ドル分無料で利用可能になっています。
これにより、利用頻度と利用料金の関係を自分で体感することができます。

個人的な感覚では、数年後、比較的ChatGPTが一般的に使用される状況であっても、
通常の利用方法であれば1ヶ月あたり400円を超えることはなく、実は200円にも満たない利用頻度の人が大半なのではないか、と考えています。
(200円=「裏」での会話履歴のための文字列構築を含めて月間70万日本語文字程度))

ダウンロード

Windowsのbit数ではなく、秀丸のビット数 Windows OSが64bit版か32bit版かは関係ありません。秀丸エディタが32bit版か64bit版かでダウンロード対象を選択してください。

動作環境

  • 秀丸

    秀丸エディタ ver8.98以上

  • .NET 6.0 デスクトップランタイム

    .NET 6.0 デスクトップランタイムの導入が必要となります。

    こちらデフォルト状態のWindowsではWindowsのバージョンに関わらずインストールされていないため、
    インストールしたことがない人はインストールしてください。

    「秀丸エディタ」と「同じビット数の.NET 6.0 ランタイム」が必要となります。
    (OSが64bit版か32bit版かは関係ありません。秀丸エディタが32bit版か64bit版かでダウンロード対象を選択してください。)
    よくわからない人は、「x86とx64の両方」をインストールしてください。

    PICTURE

インストール

  • HmChatGPT_x86.zip (or x64.zip)をダウンロードする。
  • .zipファイルをブロック解除(or 許可する)する
    (エキスプローラーで解凍する場合、原則的にはブロック解除(or 許可する)をする必要があります)

    PICTURE

  • ディレクトリ内のファイル一式をどこかのディレクトリにコピー。

利用にはOpenAIの「API KEY」が必要となります

OpenAIへの登録と、API KEYの生成方法はネットに数多く掲載されています。

OpenAI API KEYの設定 を参照してください。

秀丸上でのChatGPT

文章推敲

PICTURE
PICTURE

プログラム要請

PICTURE
PICTURE

文脈を覚えている

PICTURE
PICTURE

ものごとの抽出や比較などが得意

PICTURE
PICTURE

問題集を作り出すといったことも得意

特定の単語を答えとする問題集の作成など、「単純なWeb検索では解決しない」
例えば、「人間が解答となる単語を与え、ChatGPTには逆に問題を作成してもらう」
といったようなこともChatGPTの得意とするところです。

PICTURE
PICTURE

「高校生レベルで」とか「小学生レベルで」とかの問題難易度の指定も可能です。

ライセンス

  • HmChatGPT

    HmChatGPT は MIT Licenseとなります。

  • ソースの場所

    Githubにソースがあります。