\n\n

WebView2用 に tsconfig.json を特化する

tsconfig.jsonの編集

tsconfig.jsonはデフォルトでも、
ターゲットが JSscript/WebView2 どちらでもそこそこいい感じになるように設定されています。
WebView2に完全にターゲットを絞る場合には、targetとlibの項目を以下のように編集すると良いでしょう。

		{
  "compilerOptions": {
    "target": "ES2021",
    "lib": ["ES2021", "DOM"],
    "module": "None",
    "strict": false,
    "esModuleInterop": true,
    "skipLibCheck": true,
    "removeComments": false,
    "outDir": "./build",
  },

  "include": ["./src"],
}

	

"DOM"が要るかどうかは状況次第

windows.document や window.setInterval(...) や window.setTimeOut(...) などを利用する場合だけ

"DOM"

が必要となります。
そうでない限りは、"DOM"を入れると入力補完時のノイズが多くなりますので、
"DOM"については、

今回作成するマクロでは"DOM"が必要か不要か

を見極めて編集しましょう。