フォームを使って「同期」タイマー

  • 概要

    フォームのタイマーを使うことで、同期タイマーを使うことが出来ます。
    同期するということは、並列処理ではないということです。

    即ち、タイマーのTick処理の中で重い処理をすると、
    秀丸が一瞬止まったかのようになってしまうということです。

    一方同期タイマーは並列処理の落とし穴について考慮する必要がほとんど無いため、
    取り扱いがしやすいというメリットがあります。

  • フォームのタイマー

    • C#側のソース

      .NETのフォームアプリではタイマーが非常に頻繁に利用されますので、
      フォームアプリケーションを制作したことがある人であれば、自然に受け入れられるでしょう。

      フォームが破棄される際には、タイマーも止める処理入れておきましょう。

      HmTestClass06.dllとしてコンパイルのこと
      using System;
      using System.Windows.Forms;
      
      namespace HmTestClass06
      {
          class MonitorForm : Form
          {
              Timer timer;
      
              public MonitorForm()
              {
                  this.FormClosing += form_FormClosing;
                  CreateTimer();
              }
      
              private void CreateTimer()
              {
                  timer = new Timer()
                  {
                      Interval = 1000
                  };
      
                  timer.Tick += timer_Tick;
                  timer.Enabled = true;
                  timer.Start();
              }
      
              private void DeleteTimer()
              {
                  if (timer != null)
                  {
                      timer.Stop();
                      timer = null;
                  }
              }
      
              private void timer_Tick(object sender, EventArgs e)
              {
                  System.Diagnostics.Trace.WriteLine("定期実行");
              }
      
              private void form_FormClosing(object sender, FormClosingEventArgs e)
              {
                  StopMonitor();
              }
      
              private void StopMonitor()
              {
                  try
                  {
                      DeleteTimer();
                  }
                  catch (Exception e)
                  {
                      System.Diagnostics.Trace.WriteLine(e.Message);
                  }
              }
      
          }
      
          public class Class6
          {
              private static Form form;
      
              public static IntPtr CreateForm()
              {
                  if (form == null || !form.Visible)
                  {
                      form = new MonitorForm();
                  }
      
                  form.Show();
                  return (IntPtr)1;
              }
      
              private static void DestroyForm()
              {
                  if (form != null)
                  {
                      form.Close();
                      form = null;
                  }
              }
      
              public static IntPtr OnDetathMethod()
              {
                  DestroyForm();
      
                  return (IntPtr)0;
              }
      
          }
      }
      
      
    • 秀丸マクロ側のソース

      test01.macなどと適当に名前を付ける
      #HMNET = loaddll( hidemarudir + @"\hm.NET.dll" );
       
      #r = dllfuncw( #HMNET, "SetDetachMethod", currentmacrodirectory + @"\HmTestClass06.dll", "HmTestClass06.Class6", "OnDetathMethod" );
      #r = dllfuncw( #HMNET, "CallMethod", currentmacrodirectory + @"\HmTestClass06.dll", "HmTestClass06.Class6", "CreateForm" );
      

      「定期実行」といった表示が、1秒に1回ずつデバッグモニターに表示されることを確認出来ることでしょう。