マクロの開始・終了と、プログラムの常駐

概要

hm.NETの特徴は

マクロ自体の実行は一瞬で終了し、マクロが終了した後もプログラムが常駐する

というタイプのモジュール作成に向いているということです。 このことを確認してみましょう。

マクロの開始・終了と、プログラムの常駐(前章と全く同じC#プログラムです)

  • C#側のソース

    HmTestClass06.dllとしてコンパイルのこと
    using System;
    using System.Windows.Forms;
    
    namespace HmTestClass06
    {
        class MonitorForm : Form
        {
            Timer timer;
    
            public MonitorForm()
            {
                this.FormClosing += form_FormClosing;
                CreateTimer();
            }
    
            private void CreateTimer()
            {
                timer = new Timer()
                {
                    Interval = 1000
                };
    
                timer.Tick += timer_Tick;
                timer.Enabled = true;
                timer.Start();
            }
    
            private void DeleteTimer()
            {
                if (timer != null)
                {
                    timer.Stop();
                    timer = null;
                }
            }
    
            private void timer_Tick(object sender, EventArgs e)
            {
                System.Diagnostics.Trace.WriteLine("定期実行");
            }
    
            private void form_FormClosing(object sender, FormClosingEventArgs e)
            {
                StopMonitor();
            }
    
            private void StopMonitor()
            {
                try
                {
                    DeleteTimer();
                }
                catch (Exception e)
                {
                    System.Diagnostics.Trace.WriteLine(e.Message);
                }
            }
    
        }
    
        public class Class6
        {
            private static Form form;
    
            public static IntPtr CreateForm()
            {
                if (form == null || !form.Visible)
                {
                    form = new MonitorForm();
                }
    
                form.Show();
                return (IntPtr)1;
            }
    
            private static void DestroyForm()
            {
                if (form != null)
                {
                    form.Close();
                    form = null;
                }
            }
    
            public static IntPtr OnDetathMethod()
            {
                DestroyForm();
    
                return (IntPtr)0;
            }
    
        }
    }
    
    

秀丸マクロ側のソース

test01.macなどと適当に名前を付ける
debuginfo 1;
debuginfo "macro start\n";
#HMNET = loaddll( hidemarudir + @"\hm.NET.dll" );
 
#r = dllfuncw( #HMNET, "SetDetachMethod", currentmacrodirectory + @"\HmTestClass06.dll", "HmTestClass06.Class6", "OnDetathMethod" );
#r = dllfuncw( #HMNET, "CallMethod", currentmacrodirectory + @"\HmTestClass06.dll", "HmTestClass06.Class6", "CreateForm" );
debuginfo "macro end\n";

マクロ自体は一瞬で実行を終了した後
定期的にデバッグメッセージが出力されることがわかります。

PICTURE

この、

  • マクロは一瞬で終わる

    C#のstatic関数を実行するだけ

  • dllは処理を継続させても良い

    秀丸マクロの実行自体は終わっても、C#のdllの処理は続いている

というhm.NETとC#の組み合わせの特徴は、複雑なモジュールを作成する上では必須のパターンとなります。