HmWordListRegexCompressをコンソール利用

  • 概要

    HmWordListRegexCompress.exeは汎用的なコンソールコマンドであり、
    秀丸とは無関係に利用することが可能です。

    このプログラムはPerlの「Regex::PreSuf」を利用して作成したもので、
    「単語のリスト」を「1つの正規表現」とするプログラムです。

    単語のリストを圧縮し、容量を節約するようなシーンで利用してください。

  • 例①

    apple
    append
    application
    

    という単語のリストであれば…

    app(end|l(ication|e))
    

    のようになります。

  • 例②

    Vector
    Vector.Length3
    Vector.Dot3
    Vector.Cross3
    Vector.Distance3
    VectorToQuaternion
    

    という単語のリストであれば…

    Vector(ToQuaternion|\.(Cross|D(istance|ot)|Length)3)?
    

    のようになります。

  • 使い方

    コンソールプログラムとなっています。

    「a.txt」に上述のような単語のリストが入っているものと仮定すると、

    HmWordListRegexCompress.exe a.txt
    

    のようにコマンドを実行することで、複数の単語を内包表現する正規表現が出てきます。

    デフォルトでは、最大でも240文字程度を目安として改行を入れます。
    2番目の引数を入れることで、変更することが出来ます。

    HmWordListRegexCompress.exe a.txt 100
    

    などとすると、100文字以内を目安として改行を入れます。