社内ネットワークなどでproxyがある場合

  • 概要

    前節ではhmPythonへのライブラリへのインストールを、
    マニュアルにて行う方法を紹介しました。

    マニュアルでの設定方法を紹介した理由は、
    社内ネットワークなどは、一般的にはインターネット接続はproxyが必要であり、
    デフォルト状態のpythonでは、ネット接続を利用出来ないためです。

    しかし、逆に言えば、もしproxyのIPがわかるのであれば、
    そのIP番号をpythonが利用する環境変数として設定しておくことで、
    python自体を、会社が提供するproxy経由のネット接続機能に便乗させることが出来ます。

  • プロキシのIPを調べる楽なツール

    秀丸ネットモニター

    せっかくの秀丸エディタですので、サイトー企画さんが出している
    「秀丸ネットモニター」を使って、ご自身のPCのプロキシのIPを確認してみましょう。

  • 秀丸ネットモニター

    社外へと繋がるブラウザ(IEやChromeなど)を起動したり閉じたりすると、
    「秀丸ネットモニター」に項目が、「増えたり減ったりする」ハズですので、
    その項目の詳細を表示すれば、IPをみることが出来るハズです。

    秀丸ネットモニターを使うことで、 プロキシが使用されていれば、
    「接続先のIPアドレス」の部分に「プロキシのIP」
    が表示されます。
    プロキシのIPがわかってしまえば、Pythonだけでなく、
    node.jsなどでも、このIPアドレスを経由することで、
    ライブラリも簡単にインストール可能となります。

  • 環境変数「HTTP_PROXY」と「HTTPS_PROXY」にその値を設定

    「Windowsのシステムの環境変数」(あるいはWindowsの「ユーザー環境変数」)に
    「HTTP_PROXY」や「HTTPS_PROXY」という項目を作成し、
    先ほどのIPを設定すれば、pythonからネットワークに接続するライブラリ全てで、
    そのproxyを経由してくれます。

    (下図の44.33.55.99の部分を、秀丸ネットモニターに表示されていたIPにする)