秀丸マクロを改めて実行(メソッド編)

概要

さて、前節ではHm.Macro.Exec.Eval(...)を使った文字列での実行をしました。

これまでの秀丸の様々なメソッドの半数ほどは、「秀丸マクロ実行中のみ実行可能」というものが散見されたはずです

すなわち、一般的には「非同期中」は「秀丸マクロ実行中ではない」ため、

このため、Hm.Macro.Exec.Eval(...)のマクロへと値を伝達しようとしても、「マクロ実行中ではない」ため、Hm.Macro.Var などが利用できず、
値を伝搬するのも難しいという状況になります。

この問題を一気に解決するのが、「Hm.Macro.Exec.Method(...)」です。

Hm.Macro.Exec.Method(...)は、指定のC#メソッドを「改めて新規の秀丸マクロ実行中」にしつつ呼び出せ、
という命令となります。

秀丸マクロを改めて実行

マクロを実行していない時にのみ、実行することが出来ます。

Hm.Macro.Exec.Method(string message_parameter, Delegate delegate_method)

呼び出せるメソッドは

public static IntPtr your_method(string message_parameter)

の形です。
public なメソッドを呼び出すことができます。

  • 例①

    MyTestForm.cs
    using System;
    using System.Reflection;
    using HmNetCOM;
    
    namespace HmTest
    {
        // (public static IntPtr abc)がマクロから見えるようにするため、publicにする
        class HmTestForm
        {
    
            // 呼び出せるメソッドは「IntPtr your_method(string message_parameter)の形
            delegate IntPtr TMacroScopeMethod(string message_parameter);
    
            // 非同期やTickなどのメソッドだと仮定する
            protected void MethodTick()
            {
                try
                {
                    // デリゲートを使った関数オブジェクトを作り、
                    TMacroScopeMethod method = new TMacroScopeMethod(HmTest.HmTestForm.abc);
                    // TMacroScopeMethod method = abc; // と記述するのが普通かも
                    // Func<String, IntPtr> method = abc; // と記述してもOKです。
    
                    // この返り値の型は Hm.Macro.Exec.Eval(...) と同じ
                    // message_parametr に入れる文字列の用途は好きにしてよい。分岐判別用途に使ったり、伝達パラメータに使ってもよい。
                    var ret = Hm.Macro.Exec.Method("my test param", method);
    
                    System.Diagnostics.Trace.WriteLine(ret.Message);
                   //  Hm.OutputPane.Output(ret.Message);
                } catch(Exception e)
                {
                    System.Diagnostics.Trace.WriteLine(e.Message);
                }
            }
    
            // 非同期中から呼び出されたこのメソッドは「新たなマクロ実行中」という形で呼び出される。
            // 「マクロ実行中」であるため、非同期中にもかかわらず、Hm.NetCOMのメソッド群をおおいに利用することが可能となる。
            public static IntPtr abc(string message_parameter)
            {
                Hm.Macro.Var["$myvar"] = "abc";
                Hm.OutputPane.Output(message_parameter + "\r\n");
                Hm.OutputPane.Output(Hm.Macro.Var["column"].ToString() + "\r\n");
                Hm.OutputPane.Output(Hm.Macro.Var["$myvar"] + "\r\n");
                Hm.Macro.Statement("moveto", 3, 2);
    
                return (IntPtr)1;
            }
        }
    
    }
    
  • 例②

    MyTestForm.cs
    using System;
    using System.IO;
    using System.Runtime.InteropServices;
    using System.Text;
    using System.Threading;
    using System.Threading.Tasks;
    using HmNetCOM;
    
    namespace NET4COMServer
    {
        [Guid("BD55F2A6-9ED0-4F4F-9D37-E6B84BE63272")]
        public class NET4COMServer
        {
            // 確認しやすいようコンソール表示のため
            [DllImport("kernel32.dll")]
            private static extern bool AllocConsole();
    
            // 静的コンストラクタ(static付きコンストラクタ)でコンソール表示を読んでおけば良い。
            static NET4COMServer()
            {
                AllocConsole();
            }
    
            // 非同期中から呼び出されたこのメソッドは「新たなマクロ実行中」という形で呼び出される。
            // 「マクロ実行中」であるため、非同期中にもかかわらず、Hm.NetCOMのメソッド群をおおいに利用することが可能となる。
            public static IntPtr abc(string message_parameter)
            {
                Hm.Macro.Function("message", "10");            
    
                return (IntPtr)1;
            }
    
            // 非同期のメソッド
            static string HeavyMethod()
            {
                Thread.Sleep(2000);
    
                // このdllがあるディレクトリ
                string asmLocation = System.Reflection.Assembly.GetExecutingAssembly().Location;
                string dir = System.IO.Path.GetDirectoryName(asmLocation);
    
                // マクロを実行していない時
                if (!Hm.Macro.IsExecuting)
                {
                    Func<string, IntPtr> method = abc;
                    // 「あいうえお」という文字列を編集中のテキストに挿入。
                    var result = Hm.Macro.Exec.Method("最後まで実行出来た", method);
                    Console.WriteLine(result.Message + "★");
                    if (result.Message == "最後まで実行出来た")
                    {
                        Console.WriteLine("実行成功");
                    }
                    else
                    {
                        Console.WriteLine("実行失敗");
                    }
                }
                System.Diagnostics.Trace.WriteLine("非同期関数");
    
                return "非同期関数";
            }
    
            // 秀丸から呼び出すCOMのメソッド。COM呼び出しだとstaticを付けては駄目。
            public string CalledFuncFromHidemaruMacro()
            {
                Task<string> task = Task.Run(() => {
                    return HeavyMethod();
                });
    
                // awaitやTaskのResult待ちしないので、この関数自体は一瞬で抜けていく。
                return "同期関数";
            }
        }
    }
    
  • 返り値のMessageプロパティ

    Hm.Macro.Exec.Methodが最後まで実行できたならば、Messageプロパティに「message_parameter」で渡した値が入っていることでしょう。

    返り値のErrorプロパティ

    途中でなんらかのエラーが発生した場合は、ErrorプロパティになんらかのExceptionオブジェクトが入っています。
    何もエラーがなければ、nullが入っています。