hmRbの「秀丸マクロからの問い合わせ」基本API

概要

hmRbは、IronRuby側から、「秀丸マクロの変数への値の設定・値の取得」の両方が出来るため、
「秀丸マクロ→hmJSへと問い合わせる」、といった必要性は原則的にはありませんが、
「hmPy / hmRb / hmV8 / hmJS」との共通仕様の一環として、そのようなことが出来る関数が一通り揃っています。

hmPyと同じ名前、同じ趣旨のAPIとなりますので、 詳細は、そちらを参照してください。

但し以下の2つの関数の性能に関して、hmRbは、hmPyの同関数よりはるかに高い性能を持っています。

hmPyと性能が異なる2つの関数

    値の取得(整数):
     └ GetNumVar(sz_var_name)

    IronRuby内のグローバル変数「sz_var_name」を「整数」として取得しますが、

    しかし、それだけに留まらず、式を記述することが可能となっています。 例えば、

    def abc(x, y)
        x+y
    end
    

    とあれば、

    #sum = dllfuncw(#RB, "GetNumVar", "abc(10,20)");
    

    のように記述可能だということです。



  • 値の取得(文字列):
     └ GetStrVar(sz_var_name)

    IronPython内のグローバル変数「sz_var_name」を「文字列」として取得しますが、

    それだけに留まらず、上と同様に、式を記述することが可能となっています。