hmLN 更新履歴

2021/08/09 ver. 1.9.2.1

  • 秀丸のdelegate関数に対して、WinapiやCdeclなどを明示した。

2021/05/19 ver. 1.9.0.1

  • hm.Macro.Statement(...) と hm.Macro.Function(...) の2つを追加
  • ファイルマネージャ枠関連機能として、hm.ExplorerPane.*** といった一連のメソッド群を追加した。

2021/03/06 ver. 1.8.1.1

  • アウトプット枠関連のメソッド群を追加した。

2020/02/29 ver. 1.7.0.1

  • hmLoadCLRをhmLNと改名した。
  • 秀丸のエンコード判別機能とファイル読み込み機能を利用した、APIをhmLNにも実装した。

2017/09/05 ver. 1.5.5.1

  • hm.Macro.Eval関数の返り値の型を、boolean型→hm.Macro.IResult型へと変更。

2017/07/22 ver. 1.5.3.1

  • hm.Edit.MousePosの追加

2017/04/04

  • 著作者名の変更。

2017/03/25 ver. 1.4.8.1

  • DoStringやDoFileより早い段階で、
    秀丸マクロ側より、SetNumVarやGetStrVarなどの直接マニュアルによる代入・取得関数を使うとdllの利用形態が取得できないバグの修正。

2017/03/24 ver. 1.4.7.8

  • NeoLuaのbool値を、秀丸の整数型へと代入した際には、真=1, 偽=0 へとマッピングするようにした。

2016/12/16 ver. 1.4.5.6

AssemblyPathはluaの作法と異なるため、変更。package.pathに追加していく形とした。
AssemblyLoadはload_assemblyというIronRubyと同じ関数名とした。
詳細は、こちら

2016/12/15 ver. 1.4.5.5

秀丸変数となる「currentmacrodirectory」に存在するマネージ.dllは、
.NET Frameworkのライブラリと同様に、「登録済みのdll」であるかのように、
アセンブリ名だけで、ロード出来るようになった。
又、AssemblyPathテーブルにパスを追加していくことで、独自のディレクトリを.dllのロード場所とみなすことが可能となった。
詳細は、こちら

2016/11/06 ver. 1.4.5.1

  • x86でもx64でも安定した動作を行うように修正。

2016/10/22 ver. 1.4.0.8

2016/10/01 ver. 1.1.0.0

2016/09/28 ver. 1.0.0.0

  • 初公開。コンセプトモデル。