秀丸エディタ・ストアアプリ版でのhmLJの使用方法

  • hmLJ.dllは元来は秀丸本体となるhidemaru.exeと同じ場所(同じディレクトリ)に配置すべきなのですが、
    ストアアプリ版ではそれが不可能となっています。

    しかし、心配は必要ありません。
    実は、hmLJ.dllは自由な場所に配置してかまわないのです。

  • 例えば、hmLJ.dllを「C:\abc\hmLJ.dll」というように配置した場合…

    #LUA = loaddll( @"C:\abc\hmLJ.dll" );
    
    #_ = dllfunc(#LUA, "DoString", R"LUA(
    
    hm.debuginfo("あーあーテストテスト");
    
    )LUA"
    );
    
    freedll(#LUA);
    
  • macrodir直下に置くのが妥当

    ストアアプリ版の場合、「C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro」がマクロディレクトリ直下となりますので、
    ここにhmLJ.dllをコピーしておけば、以下のようにマクロで記述出来ることとなります。

  • #LUA = loaddll( macrodir + @"\hmLJ.dll" );
    
    #_ = dllfunc(#LUA, "DoString", R"LUA(
    
    hm.debuginfo("あーあーテストテスト2");
    
    )LUA"
    );
    
    freedll(#LUA);