HmWebBrowserModeと自動起動マクロ

  • 概要

    ここではHmWebBrowserModeと「自動起動マクロ」の絡め方について記載されています。

  • 「拡張子を判別して、execmacroする」が原則

    原則的には「秀丸でテキスト内容編集することはないが、描画内容を閲覧したいことはある」といったものに対して
    自動的にHmWebBrowserModeへと切り替えるといったことが考えられるでしょう。

     if (event == 1) {
        if (filetype ==".pdf" || filetype ==".jpg" || filetype ==".jpeg" || filetype ==".gif" || filetype ==".bmp" || filetype ==".png" ) {
            execmacro hidemarudir + @"\HmWebBrowserMode\HmWebBrowserMode.mac";
    	}
    }
    

    といったマクロ内容を「自動起動マクロ」の「ファイルを開いた直後」に登録すると便利に使えます。

    (※コンポーネントを内包するような多機能なPDFだと、ウィンドウフォーカスを切り替えようとしてしまうため、
    HmWebBrowserModeと相性が悪くなり、表示が明滅してしまう場合があります)

  • 画像時に毎回「エンコードの認識エラー」のダイアログが出てくるのを回避

    該当の拡張子に対して、「画像」といった「設定のリスト」を新規に設置し、
    エンコードの種類の指定として「その他」を設定すれば、
    ほとんどのシーンにおいて、警告が出なくなるハズです。