HmWebBrowserMode ローカルのHTMLなどを読み込む

  • 概要

    ローカルにあるHTMLなどの読み込みとなります。
    HTMLに限らず、Internet Explorerで表示可能なものであれば、
    おそらく、HmWebBrowserModeでも表示可能なことでしょう。
    pdfファイルなども表示可能です。

  • HTMLファイルを適当に秀丸で読み込む

    適当にローカルにあるHTMLを秀丸で開いてみてください。

  • HmWebBrowserMode.macを実行し、HTMLをレンダリング表示

    HTMLが実際にソースではなく、レンダリング結果として表示されます。

  • 文字化け問題

    対象のHTML当をInternet Explorerで表示する際に、文字化けするようであれば、
    HmWebBrowserModeでも文字化けします。

    • HTML内でcharset情報を付ける
    • utf8の「BOM」付きなど、BOMを付けた状態で保存する
    • WebBrowser面を右クリックからエンコードして正しいエンコードを選択

    等で対処してください。

  • キーボードの「コピペ」や「全選択」などは機能しない

    既知の問題点でも触れていますが、
    WebBrowser上でHTML描画している時には「CTRL+C」「CTRL+A」「CTRL+V」などが効きません。

    マウスの右クリックのメニューなどで対応してください。

  • 表示・非表示や、終了方法は同じ

    画像の場合と同じです。

  • 特別な終了方法 ~終了リンク~

    HmWebBrowserModeを終了させるリンクを作成することが出来ます。
    例えば、

    <a href="?mode=Close_HmWebBrowserMode">終了</a>
    

    といった「Close_HmWebBrowserMode」といった文字列(大文字小文字問わず)を含むURLへのリンクをHTML内に入れて、
    このリンクを踏むことで、「表示しているコンテンツ側」から「HmWebBrowserMode自体を終了する手段を提供」することが出来ます。
    (リンクの形をしている必要はありません。ボタンやJavaScriptなどによるURL操作でも良いです。)

    これは、秀丸に特化したようなHTMLベースのコンテンツを作成するのに役立つことでしょう。