最終更新日 2021-08-08

アウトプット枠への文字列の出力

概要

アウトプット枠への文字列の出力するメソッドとなります。

秀丸のアウトプット枠への文字列出力

非同期のメソッド中も含め、常時出力することが出来ます。

bool success = Hm.OutputPane.output(wstring message)

改行する際には「\r\n」が必要となります。

  • C++側のソース

    dllmain.cpp
    #include "HmCppInvoke.h"
    
    using namespace Hidemaru;
    using namespace std;
    
    extern "C" __declspec(dllexport) THmNumber test() {
    	Hm.funcDllExport();
    
    	// アウトプット枠へ
    	bool success = Hm.OutputPane.output(L"あいうえお\r\nかきくけこ\r\n");
    	if (success) {
    		// アウトプット枠への出力成功
    	}
    	else {
    		// アウトプット枠への出力失敗
    	}
    
    	return 1;
    }
    
  • C++20以上ならformatが活躍

    利用可能なVisual Studio 2019以降なら、「C++17」ではなく「C++20」相当をプロジェクトで指定することで、
    format を活用し、数値や文字が混在したものを扱いやすくできます。

    dllmain.cpp
    #include "HmCppInvoke.h"
    #include <format>
    
    using namespace Hidemaru;
    using namespace std;
    
    extern "C" __declspec(dllexport) THmNumber test() {
    	Hm.funcDllExport();
    
    	// アウトプット枠へ
    	Hm.OutputPane.output(format(L"{}\r\n{}\r\n", Hm.getVersion(), Hm.getHidemaruFullPath()) );
    
    	return 1;
    }