最終更新日 2024-06-06

使用モデルや最大トークンの変更

HmGoogleGemini.mac のマクロの最上部を編集することで、モデル名や最大トークンを変更できます。

modelName

使用するモデル名を指定します。
デフォルトだと、

const modelName = "gemini-1.5-flash";

といった設定となっています。
AIモデル名の一覧は、Gemini API ドキュメント にあります。

「gemini flash」と「gemini pro」とでは、ちょうど10倍の価格差があります。(gemini proが10倍高い)
「gemini 1.5 pro」と「gemini 1.0 pro」は価格は同じです。
 (なので基本的には gemini 1.5 pro を使うのがお勧めです)

MaxTokens

最大トークンを指定します。
デフォルトだと、

const maxTokens = 4000;

となっています。
この数値は現状、あまり変更する必要はありませんが、
MaxTokensを増やした方が利便性が高くなる場合には、数値を上げても良いでしょう。
(MaxTokensを増やすとエラーが出る場合は元へと戻してください。4000はどのモデルでも確実に大丈夫な値です)

マクロの項目を書き換えたら、「全リセット」が必要

全リセット

何も選択していない状態でマクロだけ実行したらメニューに出てくる

PICTURE