HmNodeJS Nodeのウィンドウをデバッグ表示

  • 概要

    ここでは、HmNodeJSの利用において、HmNodeProxyやnode.jsを視覚的に起動した状態で利用する方法を説明します。

  • Nodeのウィンドウのデバッグ表示のための記述

    以下のサンプルのように、HmNodeClient.Options型のShowConsoleにtrueを代入し、
    optionsインスタンスをHmNodeClientのコンストラクタの3番目の引数として渡します。

    #V8 = loaddll( hidemarudir + @"\hmV8.dll" );
    
    #_ = dllfuncw( #V8, "DoString", R"ES6(
    
    host.lib(clr, "HmNodeClient" );
    
    var currentmacrodirectory = hm.Macro.Var["currentmacrodirectory"];
    
    var options = new clr.HmNodeClient.Options();
    options.ShowConsole = true;
    var client = new clr.HmNodeClient(50001, currentmacrodirectory + "/HmNodeSample.js", options);
    
    client.Start();
    
    var NameValueCollection = clr.System.Collections.Specialized.NameValueCollection;
    var param = new NameValueCollection();
    param.Add("word1", "C:/abc/♬e.mac");
    param.Add("myppp", "そそそそそ");
    var res = client.GetResponse(param);
    
    console.log(res.Data);
    console.log(res.StatusDescription+"いいい");
    console.log(res.StatusCode+"あああ");
    console.log(res.CallCount);
    
    hm.Macro.Var["$data"] = res.Data + res.CallCount;
    )ES6"
    );
    
    message $data;
    
    freedll( #V8 );
    
  • Nodeウィンドウなどを手動で閉じると不正な状態になるので注意

    Nodeウィンドウは、本来秀丸を閉じると、自動で閉じるように組まれていますので、
    手動でいきなり閉じると、状態が一致しなくなり、不正な状態となります。

    どうしても閉じる必要性がある場合には、こちらのアイコンの方を閉じて下さい。

    又、「該当の秀丸プロセス」も閉じて下さい。(マクロを実行した際に、開いていた秀丸のタブを1つ閉じる)