秀丸エディタ・ストアアプリ版でのhmV8の使用方法

概要

本来hmV8はストアアプリ版には対応していません。

hmV8以外の「hmPy/hmRb/hmPS/hmJS/hmPython/hmPerl」は、
ストアアプリ版でも動作しますので、それらのいずれかの利用をお勧めします。

それでもなお、他ではなく「hmV8を利用したい」という場合、以下のようにすることで、動作させることは可能です。

配置場所 「macrodir」に置く

ストアアプリ版の場合、
「C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro」がマクロディレクトリ直下となりますので、
「hmV8.dll、ClearScript***.dll」の6つをこの場所へとコピーします。

PATHを通す

環境変数 PATH へと以下のディレクトリを追加してください。
「C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro」にパスを通してください。

秀丸本体(hidemaru.exe)と同じ場所に置けないので、どのディレクトリからでも参照できる形にするためです。

GAC登録

グローバルアセンブリキャッシュにアセンブリをインストールします。
秀丸本体(hidemaru.exe)と同じ場所に置けないので、どのディレクトリからでも参照できる形にするためです。

普段Visual Studioなどを利用している方であれば、Gacutil.exeなどを利用して登録してください。

「管理者権限」で「Visual Studio コンソール」を実行のこと
gacutil /i C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro\ClearScript.dll
gacutil /i C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro\ClearScriptV8-32.dll

普段Visual Studioなどを利用していない方はGautilが手元に無いと思います。
簡易代替コマンドとして、WinGacInstallerを用意していますので、こちらをダウンロードして利用してください。

更新日 2017/05/11
WinGacInstaller.zip ver 1.001
「管理者権限」で「コンソール等」を実行のこと
WinGacInstaller /i C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro\ClearScript.dll
WinGacInstaller /i C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro\ClearScriptV8-32.dll

一旦ストア版の「秀丸エディタ」「秀丸エディタの常駐」を全て終了する

秀丸エディタを起動したままでは、環境変数の変更は反映されません。
全て終了させてください。
特に「秀丸エディタの常駐」も終了させるのを忘れないようにしてください。

各種サンプルにあるhidemarudirがmacrodirとなる

#V8 = loaddll( macrodir + @"\hmV8.dll" );

#_ = dllfuncw(#V8, "DoString", R"V8(

hm.debuginfo("あーあーテストテスト2");

)V8"
);

freedll(#V8);

アンインストールの方法

  • 一旦ストア版の「秀丸エディタ」「秀丸エディタの常駐」を全て終了する
  • PATHを追加したものを削除する
  • 「/i」でGAC登録した2つの.dllを「/u」で解除。(WinGacInstallerでも同様)
    「管理者権限」で「コンソール等」を実行のこと
    gacutil /u ClearScript.dll
    gacutil /u ClearScriptV8-32.dll
    
  • 「C:\Users\%username%\Documents\Hidemaru\StoreAppMacro」にコピーした
    「hmV8.dll、ClearScript.dll、ClearScriptV8-32.dll、v8-ia32.dll」の4つを削除。