他のバージョンのPythonを使えるようにする

対象は「標準のWindows用として配布されているPython」もしくは「Active Python」

Windowsにおいて利用されているPythonのほとんどは、
このどちらかでしょうから、この2つをターゲットとしています。

バージョン3.6以上であれば、 hmPython3をその「python用に再コンパイル」することで、
該当のpythonを秀丸エディタの組み込み言語にすることが出来ます。
(ソースを編集する必要性はありません)

この他のPythonもいけるかもしれませんが、
後述するコンパイルが可能かどうか未確認です。

Visual Studio 2017以上で再コンパイルする必要がある

hmPython3をあなたが利用しているPythonインタプリタ用に変更するためには、
Visual Studioで再コンパイルする必要があります。

hmPython3はC++でもかなり最新で高度なのテンプレート機能が使われているため、
Visual Studio 2017以上が必要です。

ビット数を合わせること

あなたがお使いになっている「秀丸」と、Pythonが同じ「bit数」である必要があります。
最も多く利用されている秀丸は「32bit版」ですので、Pythonも32bitである必要があります。

もしもあなたが特別に「秀丸64bit版」を使っているならば、Pythonも64bit版である必要があります。

Pythonのバージョンが3.6以上であること

ソースを全く変更することなくコンパイル可能な範囲は、Python3.6以上です。

3.6未満であったとしても、Python3.5以上であれば、数行のソース編集行でいけるかと思います。

コンパイルする際の設定変更箇所

  • プラットフォームツールセットの版を合わせる

    ご自身が使っているVisual Studioと合わせてください。
    例えば、ご自身がVisual Studio 2017を利用しているならば、2017用のツールセットを選びます。

    PICTURE

  • C++のinclude場所の追加

    pythonのincludeファイルがある場所を、C++のincludeファイルがある場所として追加

    PICTURE

  • C++のli場所の追加

    pythonのlibファイルがある場所を、C++のlibファイルがある場所として追加

    PICTURE

  • リソースコンパイラ用のinclude場所の追加

    pythonのincludeファイルがある場所を、リソースコンパイラのincludeファイルがある場所として追加

    PICTURE

  • コンパイル出来たら、hmPython3.dllの情報をプロパティで確認してみる

    完成したら、hmPython3.dllのプロパティの詳細欄などを確認しましょう。
    ご自身が利用することになったpythonと情報が一致するものに書き換わっていたら
    コンパイルに成功しています。

    PICTURE

python38.dllを、秀丸本体のディレクトリにコピー

利用の対象となるPythonフォルダにある.dll(python36.dll、python37.dll、python38.dll)といったようにPythonのバージョンでファイル名が変化)を
秀丸本体のディレクトリにコピーしてください。 (hidemaru.exeやhmPython3.dllがあるディレクトリ)

hmPython.dllを「プロパティ」から見れば、どの名前のdllが必要だ、ということはわかります。
例えば、下記の例であれば、python36.dllが必要だということがわかります。

PICTURE

対象のpythonの場所をxmlに記述し、秀丸のディレクトリに入れておく

hmPython3に同封されているpython以外のpythonを利用する際には、
そのpythonがどこにあるのかをxmlに記述します。

詳細は、hmPython3.xmlでpythonのディレクトリ変更を参照してください。