最終更新日 2024-06-21

pipそのものを更新する必要性が出た場合

概要

pipを使ってモジュールをインストールする際に、
hmPython3に内包されているpipより、新しいバージョンのpipを求められることがあります。 即ち、pipのバージョンを更新する必要があります。

ここでは、そんな際に、hmPython3に内包されているpipのバージョンを更新する方法を説明しています。

秀丸フォルダのサブフォルダ「HmPython3」フォルダにあるPythonDev.bat を実行し、以下のコマンドを試してみる

python -m pip install --upgrade pip

proxyなどの制限がない場合は、このコマンドだけでpipモジュールが更新されます。

proxyの制限などを受けている場合、Package Indexを探す

pipのPackage IndexのURLは

となります。

pip-***-py3-none-any.whl

pip-***-py3-none-any.whlがダウンロード対象となります。

PythonDev.batのバッチファイルが用意されている

hmPython3には秀丸フォルダのサブディレクトリの「HmPython3」フォルダ内に、
「PythonDev.bat」が用意されており、これを利用することで、
「パスが通っていないPythonに一時的にパスを通し、少し楽にコマンドを打つことが出来るようになっています」

PICTURE

直接「pip.exe」を使うのではなく、python -m経由で使う必要あり

他の正規インストールをしたPythonが存在すると、「pip」コマンドを直接使うと、
そちらのPythonへとインストールされてしまいます。

これを避けるには、以下のように「python -m」を先頭につけて、
どのPythonへとインストールするのかを明示するコマンドを入力しましょう。

PythonDev.bat実行の中でのコマンド
python -m pip install pip-22.0.3-py3-none-any.whl 
        

PICTURE