最終更新日 2024-06-21

jsmode - outputpane

概要

アウトプット枠に表示したり、アウトプット枠を操作するHmOutputPane.dllをラップしたモジュールです。

PICTURE

ダウンロード


必要なファイルは outputpane.js と outputpane.dll の2つ

ダウンロード先の中で必要なのはoutputpane.zipのみとなります。
outputpane.js と outputpane.dll の2つのファイルが必要です。

outputpane.js自体の配置場所を決める

outputpane.js自体の理想的な配置場所は「マクロフォルダ」のサブフォルダ「jsmode_modules\outputpane\outputpane.js」というファイル位置となります。
(jsmode_modulesフォルダ、その下のoutputpaneフォルダは新規作成する)
outputpane.jsとoutputpane.dllを同じフォルダに配置してください。

実際にはここ以外に配置してもかまいません。
その際は、適宜以降のページで出てくるexecjsの引数を変更してください。

location.mac
$location = macrodir + @"\jsmode_modules\outputpane\outputpane.js";
message($location);

execjs でも require でもどちらでも利用可能

execjsで使う利用方法
execjs macrodir + @"\jsmode_modules\outputpane\outputpane.js";
js {

    var text = "あいうえお";

    OutputPane.outputline(text);


    var xx = 3333;

    OutputPane.outputline(xx);

    var obj = {
        a:3,
        b:"abc",
        e : {
            f : 3,
            g : function(a) { return 3; }
        }
    };

    OutputPane.outputline(obj);
}
        
requireで使う利用方法 (require)
execjs macrodir + @"\jsmode_modules\require.js";
js {

    var OutputPane = require("outputpane");

    var text = "あいうえお";

    OutputPane.outputline(text);


    var xx = 3333;

    OutputPane.outputline(xx);

    var obj = {
        a:3,
        b:"abc",
        e : {
            f : 3,
            g : function(a) { return 3; }
        }
    };

    OutputPane.outputline(obj);

}
        

リポジトリ

Githubにソースがあります。