インストール場所の変更

概要

複数のマクロから利用することを考慮すると、
hmLJ.dllの配置場所は、秀丸本体と同じ場所、
とするのが最もわかりやすいでしょう。

もちろん、そのような制限があるわけではなく、hmLJ.dll自体はどこにおいても自由です、
その際は、loaddllの際に、正しく該当の場所を指定して下さい。

例えば、マクロ本体と同じディレクトリにhmLJ.dllをコピーして運用するならば

#L = loaddll( currentmacrodirectory + "\\" + "hmLJ.dll" );

-- ・・・何か処理

freedll( #L );

といったこととなるでしょう。